赤ちゃんの歯磨き、しっかり出来ていますか?

「歯は生えてきているけど、子供が嫌がるから。」

と歯磨きをしないお母さん、子供が嫌がっても
無理やり口を開けて歯磨きをしてしまうお母さんなど、
色々なお母さんがいるかと思います。


スポンサードリンク




でも、赤ちゃんが毎日飲むミルクも、毎日食べている
離乳食も虫歯の原因になります。

なので、赤ちゃんを早いうちから虫歯にしないためにも、
毎日歯磨きを心掛けることが必要です。

では、赤ちゃんの歯磨きについて見てみましょう。

まずは、赤ちゃんの歯磨きをスタートするタイミングは、
いつか知っていますか。

最初の歯が生え始めてからです。

つまり、多くのお母さんが、生後6ヶ月から1歳までの
間に歯磨きを始めていることでしょうね。

中には、3ヶ月くらいから歯が生え始めてきたと
言う赤ちゃんもいますが、こういう赤ちゃんの場合は、
生後6ヶ月よりも前に歯磨きをスタートした方が良いでしょうね。

ちなみに、1歳までの間も、大人のようにしっかり
磨かなくてはならないかと言うと、決してそんなことはありません。

この時期は、唾液の自浄作用によって、ちゃんと歯を
守ることが出来ているようです。

歯ブラシを口の中に入れることに慣れさせる目的の方が、
大きいかも知れませんね。


スポンサードリンク




歯茎にブラシが当たると痛いでしょうから、歯茎の部分は
指で押さえるなどして、歯だけを確実に磨くことが出来ればOKです。

どうしてもお子さんが嫌がる場合には、布団などに寝かせて
お母さんの膝でお子さんのバタバタさせる足をガードして、
歯磨きを行うとやりやすいです。

もしお子さんが歯ブラシを持てるようになったら、
持たせてあげてもOKです。

この場合は、お母さんも自分の歯ブラシを持って、
お子さんに真似させてみるのが良いでしょう。

この時、通常の歯ブラシを使わせると、喉突きの
危険性がありますよね。

真ん中が丸く膨らんだ歯ブラシなど、喉突き防止の
工夫がされている歯ブラシを選んであげると安心して
磨けるかも知れませんね。

そして、お子さんが磨き終わった後には、
お母さんが仕上げの歯磨きをしてあげましょう。

赤ちゃんの歯磨きも、朝と夜の1日2回を目安に行いましょう。
でも、最初のうちは、夜だけの1日1回だけでも大丈夫です。

実は、歯垢の活動は24時間サイクルになっているので、
1日1回歯磨きで汚れを落とすことができれば、
十分虫歯対策になります。

逆に言うと、今ほとんど歯磨きをしないと言うお母さんは、
少なくとも1日1回は汚れを落とす歯磨きをしてください。

このように、赤ちゃんも私たち大人と同じで歯磨きを
する必要があります。

大人のように慣れていれば毎日の習慣として出来るでしょうが、
赤ちゃんにとって歯磨きは新しいことで慣れるのが大変なんですよね。

少しでも歯磨きが楽しくなるように、音楽を付けてあげたり、
歯磨きの後にいっぱい褒めてあげたりするとまた違うかも知れませんね。

赤ちゃんが歯磨きに慣れるまでは、根気強く頑張りましょう。

・前のページ>>              ・次のページ<<