ダウン症と自閉症は、似ていますが違う病気です。

自閉症は生まれつきの脳の機能障害であり、
言葉や感覚の発達に問題があり、知的障害を伴うことが多いです。


スポンサードリンク



■ダウン症の症状

ダウン症は生まれつきの遺伝子の欠陥であり、
心臓病を合併することが多く、知的障害もあり、
1000人に1人の割合と言われています。

心血管系の異常、免疫系の弱さなど多くの合併症を
起こします。どのような障害が起こるかは個人差が大きく、
社会性が健常人とほぼ変わらず、自閉症を併発しない人もいる。

21番染色体のトリソミーによる染色体起因障害で、
精神発達遅滞や筋緊張低下を生じる他に、顔貌や
手指等に外観上の特徴を生じます。

多くは先天性の内部機能障害を生じる全身性の症候群です。

顔が扁平、視力が弱い、体が柔らかい、頑固
人懐っこい、太りやすい
などの傾向化にある。

「ゆっくり成長します」というのは、時間が経って
追いつく、という意味ではないです。

先天性の症候群で、内部機能障害から出生直後に
NICUに入ることも多いです。

出生直後に問題がなくても、筋緊張低下による哺乳が
難しいので、出生から数カ月以内に分かるでしょう。

 ダウン症の身体的特徴を解説

■自閉症の症状

自閉症は生まれつきの脳の機能障害であり、
言葉や感覚の発達に問題があり、知的障害を伴うことが多く、
100人に1人の割合と言われています。

広汎性発達障害に含まれるものです。

一つのことにすごく興味を持って執着したり、
音に興味をしめしたり、突然パニックをおこしたり、さまざまです。

偏りの有る全般的な発達障害があります。

・社会性の障害
・コミュニケーションの障害
・想像力の障害
・こだわり


6~7割が知的障害を生じますが、残りは知的障害を伴いません。

赤ちゃんの自閉症のサイン

・あやしても笑わない
・人と目が合っても反応がない
・お腹がすいてもオムツが濡れても泣いたりして訴えない
・部屋に一人でも泣かない
・お母さんが側に来ても嬉しそうにしない


※これらは育て方は関係なく、持って生まれた性格なのです。

自閉症の特徴

・会話でのコミュニケーションが上手く行かない
・感覚がひどく過敏



スポンサードリンク




・言葉の遅れがある
・対人関係に遅れがある
・常同行動など行動面での遅れがある

・発達が偏る

(数学は天才的、国語は全然出来ない)
(絵がとても細かく上手だけど、字が書けない)

※この様に極端な釣り合いになっています。

 ダウン症と知的障害の違いを解説

■ダウン症の自閉症合併併発は?

ダウン症の子のうち、10%の子は自閉症を
併発しているというデータがあるそうです。

自閉症で知的障害ある場合→カナータイプの自閉症

自閉症で知的障害がない場合→
アスペルガー症候群、高機能自閉症

ダウン症をはじめとする染色体系症候群のある場合や
肢体、視覚、聴覚などの身体障がいのある場合に自閉症が
併発します。

自閉症の乳児にみられる特徴は、コミュニケーション発達の
遅れに起因するもので、自閉症ではない知的障害であっても、
全般的な発達の遅れの一部として同様の特徴が出ます。

だから特別に自閉症の可能性を考えるのではなく、
ダウン症としての全般的な発達の遅れが出てのではないかと
広い視野で観察する事が適切です。



・前のページ>>                 ・次のページ<<