毎日育児に追われていて、「少しでも楽が出来れば。」
なんて思っているお母さんは多いのではないでしょうか。

こんなお母さんの中には、「我が子が早くおむつ離れすれば。」
と考えて、トイレトレーニングをスタートしようと考えている方も
いるかも知れませんね。


スポンサードリンク




確かに、おむつを使用しなくても良くなれば、
おむつを用意する面倒、経済的負担もなくなりますし、
おむつかぶれのリスクも減りますよね。

では、今回は、赤ちゃんのトイレトレーニングについて見ていきましょう。

まずは、今は赤ちゃんのトイレトレーニングに
適切な時期かを考えてみましょう。

トイレトレーニングを始めるのに良い時期としては、
赤ちゃんが1人歩きすること、おしっこの感覚が
2時間以上開くこと、自分の意思を言動で周りの
大人にしっかりと伝えられることなどが重要です。

この中でどれか1つでも欠けていると、せっかく始めた
トイレトレーニングもお母さんの面倒ばかり増えるだけに
なってしまう可能性が高いです。

実は、赤ちゃんのトイレトレーニングは、
早く始めた方が有利と言う訳ではないのです。

少しでも楽にトレーニングを行うためにも、
赤ちゃんに合ったタイミングを選ぶ方が断然効率的ですよ。


スポンサードリンク




ところで、「赤ちゃんのおむつ離れは、2歳になったら当たり前!」
なんて言うふうに言われることはありませんか。

確かに、早い子だと8ヶ月くらいからトレーニングを始めて、
1歳になる頃にはおむつが外れる子もいます。

2歳でおむつが外れることもたくさんいます。

でも、トイレには膀胱の成長が関係しており、最近の研究では
赤ちゃんの膀胱の成長速度は人それぞれと言うことが分かっているんです。

つまり、焦ってタイミングを誤ってしまうと、赤ちゃんもお母さんも
ストレスになるだけで、損することの方が大きいかも知れませんね。

では、今度はトイレトレーニングの仕方を見てみましょう。

まずは、お母さんやお父さんのトイレに付いて行って、
おしっこの出る音を聴覚で感じさせてあげましょう。

すると、赤ちゃんが「自分も同じようにやってみようかな。」
と真似したくなるかも知れません。

そうなった時がチャンスですよね。

ここで、「トイレのタイミングってどうやって知るの?」
と思うお母さんも多いでしょう。

「おしっこ」と言う言葉の意味を伝えて、
「おしっこがしたくなったら、こういう言葉で表現するんだよ。」
と教えてあげるのです。

そして、初めのうちはお母さんがトイレに連れていくのですが、
慣れてきたら赤ちゃんに「おしっこがしたくなったら、
トイレに行くんだよ。」と教えてあげましょう。

おしっこが終わった後にどうすれば良いかと言うのも、
分かりやすく教えてあげれば、毎回経験していくうちに
きっと自分だけでおしっこができるようになりますよ。

このように考えると、やはりトイレトレーニングって
赤ちゃんの成長の1つの壁のように感じるかも知れませんね。

でも、もし赤ちゃんが気が進まなければ、落ち着いた
時期に再スタートに踏み切れば良いので特に心配はありません。

「この時期までにおむつを外さなければいけない。」などと
義務的に考えるのではなく、余裕を持ってトイレトレーニングをスタートしましょう。
■新幹線でトイレに行きたくなった時に赤ちゃんは?
新幹線には多目的室や多目的トイレがありますので
可能ならその近くに席を取る様にしましょう。

東海道新幹線のN700系ならば全ての
トイレは洋式でおむつ交換台もあります。

出来るだけ行かなくて良いように準備を
して我慢する事に越したことはありません。

ですが無理な場合はトイレの床に置くように
なったとしても連れて行きましょう。

その準備として新聞紙とかレジャーシートとか
あると良いでしょう。

出来ればおんぶしたままでしたり、時間をかけてでも抱っこして
片手で自分の用を済ますようにします。

妊婦さんなどで頻尿になると大変ですが
それなら大人用オムツという手もあるかなと思います。

・前のページ>>                ・次のページ<<