妊婦さんの体は、今までとは違ってお腹の中に赤ちゃんがいる訳です。
だからこそ、赤ちゃんに良くないものは、当然控える必要があります。

赤ちゃんは大人であるお母さんとは違い、
食べ物に含まれている僅かな有害物質にも敏感ですよね。

どういう食べ物が駄目なのかを全く知らないと、
ついつい知らない間に食べ過ぎてしまいやすいものです。


スポンサードリンク




ここでは、妊娠中に控えた方が良い食べ物について知り、
少しでもその食べ物を控えるようにしましょう。

まずは、生の魚介類や肉などは、妊婦さんの
控えるべき食べ物としてよく知られていますよね。

生の魚介類や生肉がいけないのは、寄生虫であるトキソプラズマ、
0-157やノロウイルスなどの菌が存在している危険性があるからです。

通常であれば害はなくても、免疫力の落ちやすい妊娠中は
感染しやすくなります。お母さんは何事も無くても、
赤ちゃんにも感染してしまうケースも十分にあるので注意しましょう。

さらに、生の魚介類について気を付けなければならないのが、
マグロなどに僅かに含まれているメチル水銀です。

通常であれば、摂取したメチル水銀は便と一緒に体外に
排出されるようになっています。

ただ、メチル水銀は胎盤を通過して赤ちゃんに送られるため、
赤ちゃんの神経の発達に影響が出てしまうことがあります。

それから、生と言えば、魚介類や肉だけではなく卵もありますよね。
最近は、食の安全のために、普段から生卵を食べるのを避けている方も多いでしょう。

一般の方でも控えるものなので、妊婦さんは当然摂取を控えた方が良いでしょう。

卵の殻にはサルモネラ菌が付着していることがあり、
下痢による腹痛で子宮を収縮させて切迫早産、
流産などの原因になることがあるので注意が必要です。

また、チーズは加工品なので、つい油断してしまう方も多いのではないでしょうか。
非加熱のナチュラルチーズには、リステリア菌が存在しています。

いや、ナチュラルチーズばかりではなく、カマンベールチーズや
ブルーチーズなどのチーズも妊娠中は控えた方が良いでしょう。

妊婦さんは一般の方の20倍以上もリステリア菌に感染しやすく、
感染すると胎盤を通過して赤ちゃんにも感染して、
早産、髄膜炎、敗血症などのリスクが高まります。


スポンサードリンク




チーズの中でも複数のナチュラルチーズを加熱しながら
混ぜ合わせているプロセスチーズなら、
加熱して殺菌されているので問題ありません。

この他には、妊娠中に控えた方が良い食べ物に、
アルコールやカフェイン、栄養ドリンクなどがあります。
アルコールやカフェインが駄目なのは、何となく分かりますよね。

カフェインに関しては、全く持って駄目と言う訳ではないのですが、
せめて1日1杯~2杯程度で我慢しておきましょう。

代わりに、ノンカフェインコーヒーやタンポポコーヒーにするのもお勧めです。

栄養ドリンクは、よく見落としがちですが、
カフェインがたくさん含まれているものも多いです。

このように妊娠中に控えた方が良い食べ物は、本当にたくさんありますよね。
控えるべき食べ物に好きなものが多い方だと、
我慢が多くて大変な妊娠生活になるかも知れませんね。

でも、10ヶ月間頑張れば、健康な赤ちゃんが待っていてくれるのです。
さすがに、これには変えられないのではないでしょうか。

出産の日を楽しみに、今は控えるべき食べ物を頑張って控えましょう。
控えるべき食べ物に代わる美味しい食べ物を見付けておくのも良いかも知れませんね。

 

・前のページ>>     ・次のページ<<