「妊娠中はお腹の中に赤ちゃんがいるから、2人分しっかり食べなくては!」

こんな考え方もあれば、「小さく産んで大きく育てる方が、お産が楽。」
なんて言う考え方もあります。

でも、この2つの相反する考え方は、一概にどちらが正しいとは言えません。
今現在の体型を把握して、自分の体型に合った体重管理を行うことが大切です。


スポンサードリンク




まずは、妊娠中の体重管理の前に、自分のBMI指数を計算してみましょう。

BMI指数は、「妊娠前の体重(kg)÷身長(m)の2乗」で求めることができます。

BMI指数が18.5未満の痩せ体質の方は、妊娠中に9~12㎏
体重増加しても良いことになります。

BMI指数が18.5以上25.0未満の普通体型の方は、
妊娠中に7~12㎏体重増加しても良いことになります。

痩せ体質の方や普通体質の方は、基本的には1週間につき
0.3~0.5kg体重増加しても良いことになります。

ただ、BMI指数が25以上の肥満体質の方に関しては、
妊娠中に太りすぎてしまうと、妊娠糖尿病や高血圧などの原因になります。

健康的な問題だけではなく、出産の際に赤ちゃんの通り道が
脂肪で塞がって難産になる危険性もあります。

なので、体重管理は個別対応になるため、医師の指導の元、
出産までしっかりと体重管理を行いましょう。

太りすぎてしまうのもNGですが、実は行きすぎた体重管理で
体重増加が少ないのも良くないのです。

「小さく生んで大きく育てるのが良い。」なんてよく言いますよね。
でも、小さく生むにも限度がありますよね。

さすがに、2500g以下の低出生体重児とまで行くくらいの
小ささは良くありません。

お母さんのお腹の中での赤ちゃんの栄養状態は、
細胞の数の減少、先天性障害にも大きく関係します。


スポンサードリンク




さらに、お母さんのお腹の中では限られた栄養で育っている
にも関わらず、生後いきなりたくさんの栄養を与えられることで
肥満の原因になることもあります。

最近では、糖尿病や高血圧などの肥満が関係する病気を
発症している子供も増えています。

子供の将来的な健康のためにも、妊娠中にお母さんが、
いかに適切な体重管理ができるかが重要ですよね。

元々肥満体質で体重制限が必要な方でも、最低5kgの体重増加が
必要と言われているので、痩せ体質や肥満体質の方であれば
、当然それ以上の体重増加は必要です。

また、体重制限が必要な中でも、特に妊娠中に頑張って
摂取したいのが葉酸です。

葉酸は緑黄色野菜に豊富に含まれている栄養なのですが、
神経の発達、成人病の予防に重要な栄養です。

特に妊娠初期に摂取するよう、厚生労働省では呼びかけていますよね。

もちろん、妊娠初期だけではなく、妊娠中ずっと意識的に
摂取できるのがベストな栄養です。

そして、出産を迎えてからは、半年ほど母乳育児を続けていれば、
赤ちゃんの成人病のリスクを減らすことができると言われています。

このように考えると、お腹の中に赤ちゃんがいるお母さんの
体重管理はとても大切なものですよね。

「たくさん食べた方が良い。」とか
「小さく生んで大きく育てた方が良い。」など、

1つの説を聞いたからと言って、ひたすら極端な
体重制限に走ってしまうのはNGです。

自分の体重や栄養状態をしっかりと把握して、いかに適切な食生活を
送ることができるかが、自分だけではなく赤ちゃんの
健康にも繋がるのでぜひ頑張ってみましょう。

・前のページ>>    ・次のページ<<