ダウン症は21番染色体の過剰が原因ですが、
過剰の仕方で大きく三種類に分けられます。

これが同じダウン症でも日常で会話ができる、できない
のレベルの違いを生み出してしまうものと考えられます。


スポンサードリンク




・21番染色体がそのまま三本有るトリソミー型
・一部が過剰な転座型
・21番染色体が過剰な細胞と過剰でない細胞が混在するモザイク型

(モザイク型では過剰な細胞の割合が少ないと軽度です。)

転座型、モザイク型は少数派で大半はトリソミー型ですが、
トリソミー型でもそれぞれ個性が有り、障害の程度には幅が有ります。

発達そのものも異なりますし、合併症の出方で発達が左右される面もあります。
成長速度は遅い特徴はありますが、幼少期の対応によっても異なります。

早期療育で発達を促せば、その後の発達状態は変わるので希望を持ちましょう。

ダウン症は、どんな症状が出るか?

ダウン症自体は発達障害+運動神経に関わる障害です。

・発達遅滞(だいたい7-8歳程度の知能で停滞)

・短命(寿命は50年と言われています)
これは病気が治りにくい体質も関係しています。
合併症で呼吸器とか心臓系の疾患がある事が関係。

■ダウン症になると以下の症状が出ます。

・独特の顔貌

・内部障害(心臓、小腸の異常)合併

・内臓の形態異常
食道閉鎖症(へいさしょう)
先天性幽門狭窄症(ゆうもんきょうさくしょう)
十二指腸閉鎖症
巨大結腸症(けっちょうしょう)
鎖肛(さこう)などの内臓の形態異常


・短期記憶が苦手
・耳から理解する能力が弱い
・話をしっかり聴くのも苦手
・動作が幾分遅い
・手・指の筋が弱体化している
・筋量が一般より少ない
・薬が効きすぎ、薬の副作用がでやすい傾向がある


・体の緊張が強い
( 体に常に力を入れており脳性麻痺の状態)



スポンサードリンク




色々と症状があるのですが、個人差があって全部が出るとは
限らず人によって千差万別です。

ダウン症特有のものとその人本来が持っている性格とが
反応しあって目に見える症状が出てきます。

ちなみに行動がパターン化してしまうのは障害を持つ人の
多くが持ち合わています。

■性格の特徴は?

頑固で短気
粘りがなさすぎ(すぐ物を投げ出す)
簡単に嘘をつく
性欲が強く言い出したら聞かない
明日明後日の事を考えてない
見栄っ張り、悲観的、疑い深い
純粋なところもある


中でも知的障害や精神年齢の発達が遅いなどの問題は、
一般社会に溶け込みにくく、社会との共存が難しい問題が
出てくるので、苦労します。

※合併する症状の中に知的障害がありますが、必ずしも合併するとは限りません。

ダウン症の子供は周りを観察して、自分なりに吸収して
いける力が兼ね備えられているので、その個人としての能力を
信じて育てて行きましょう。

保育園や幼稚園などの集団に入って成長する事もあるので、
赤ちゃんのうちから悲観的になる必要はありません。

・前のページ>>    ・次のページ<<