軽度のダウン症であれば、普通に社会で働き結婚や出産など
人生の大きなイベントが待ち受けています。

しかしながらに、ダウン症と言う障害を持っているので、
それが子供にまた遺伝してしまうのではないかと、
不安な気持ちを持って躊躇してしまいがちです。


スポンサードリンク



■血の似た者同士で結婚出産は危険?

よく血縁のあるもの同士が子供を産んだ場合は、
血が濃くなるから障害者ができやすいと言う仮説があります。

これに関しては、一部の例外的なダウン症を、
除けばダウン症は遺伝しないと言われています。

なのでダウン症は遺伝性では無く、染色体の異常で
発症するものなのです。人により内臓疾患や知能障害も生じます。

近親婚で障害を持つ子供の出生が増えるとされるのは、
常染色体劣性遺伝病を発症するリスクが高まるからです。

常染色体劣性遺伝病は母由来の因子と父由来の因子の
2つが揃わないと発症しませんが、近親者同士では同じ
常染色体に遺伝病の因子を持つ割合が一般よりも高いので、
子に発症するリスクが高いです。

■ダウン症の子供の出産の確率

ダウン症同士の男女が子供を産んだ場合は、男性が生殖能力が
低いので子供は出来にくいと言われています。では、実際に
確率論としてはどうなのでしょうか。

結論としては、ダウン症の方同士でも、片方が健常者でも
生理とかあるので子供を作る事が可能となっています。

ダウン症の男は不妊症であると言われていますが、
父親になった事例もあるので、希望はあるのです。


スポンサードリンク




しかし、ダウン症の方は成人になられても生活能力などが
低いと言った懸念があるので、結婚すらしない割合も多いです。

ダウン症の人が子育てをするには、やはり周囲のサポートが必要です。
知的発達の遅れがある方の妊娠出産例はよくあるのですが、
子育てはその両親が行っているケースが殆どです。

結局、ダウン症などの障害がある者同士が子供を授かると
なった時には、両親の手助けが必要となってくるので、
現実的にサポートできる体制が整っているかで、産む産まない
の選択肢を決断するケースもよくあります。

ダウン症の子は健常の子に比べ発達がゆっくりしています。
個人差はありますが一般的には約半分のスピードぐらいです。
発達が遅いため知的障害と認定される子が多いです。

ダウン症は大人になって発覚するか?

もし、ダウン症の子供に、こうした障害者が生まれた場合を
想定して、周囲のサポート環境が整っているかなどの事前の
計画が必要となってきます。

ダウン症の人と健常者の人の間に生れる子供は
1/2の確率で健常者です。


実際には、染色体異常の受精卵は流産しやすく、
健常者が生れる確率の方が高いです。

ただ、健常者の人の場合はダウン症の人と結婚するか
どうかと言った問題があります。その点では、同じ障害を
持つ者同士の方が理解が早いです。

ダウン症同士の場合は、1/4の確率で健常者、
3/4でダウン症が生まれます。
実際には健常者の
子供が生れてくる。

 

・前のページ>>   ・次のページ<<