妊娠中のダウン症の特徴を知る上でエコー検査があります。

お腹の中にいる時は赤ちゃんのエコーで首の後ろの厚さ(浮腫)で
ダウン症かどうか分かりますが、産婦人科が混み合っていて雑な
診察をしている場合は気付かないケースもあります。

先生やその時の胎児の体勢などによって大きさを測るのに
誤差が出るので、たった1度のエコー検査の結果では正確に分かりません。


スポンサードリンク




いずれにせよ、エコーは確定的な診断ではありませ。
もし、可能性を疑われたとしても、生まれたら違う疾患
だったということも有り得るのです。

どうしても心配なら、検査の費用は保険が利きませんが、
流産の危険性が在る羊水検査より安心な新型出生前検査をお勧めします。
検査時のリスクが格段に小さくなり、流産の危険性もありません。

WS000013

ダウン症のエコー特徴

エコーによって、分かるのではなく、ダウン症の特徴的な所見が
エコーでも見られることがあると言った感じです。

エコーでダウン症の可能性があるか判断する際に見るのが

・NT=後頭部のむくみ

NTとは、胎児の首の後ろの浮腫みの事を指します。
英語ではNuchal Translucencyの略です。

妊娠初期のNTの厚みとダウン症などの染色体異常に、
関連性があり、妊娠11~13週目にNTの厚みを計測し、
ダウン症の可能性を推定することができます。

NT=後頭部のむくみが3mm以上で
ダウン症の可能性が高くなります。

その為、マススクリーニング法として欧米では
積極的に検査されているようです。

3~4mm→3倍
4~5mm→18倍
5~6mm→28倍

3mm以上で高齢出産と同等もしくは、それ以上の確率で
ダウン症の可能性があるとの見解です。でも、その大多数は
染色体に異常が無いです。過度にNTの数字だけで判断はしかねます。


スポンサードリンク




ですので、NTの厚みと妊婦の血液検査などを組み合わせて
ダウン症の可能性を推測し、その可能性が高い場合は、
羊水検査か絨毛検査の確定診断を受けるケースが多いです。

NTは心臓に何らかの疾患を持っている場合にも厚みを増すそうです。

・手足の短さ

手足が短いと四肢短縮(ししたんしゅく)
という可能性があります。四肢短縮とは、
染色体に異常がありダウン症の可能性があります。

頭の大きさに比べて大腿骨の短い子はダウン症の疑いがあります。
手足が短いと言う事は、全体的に小さめの体つきと
なり未熟児となる恐れがあるのです。



エコーの写真は100%の写りではないです。

先生の写し方によって、誤差は生じるので、
エコーで、足が短くても心配ない場合もあります。

ダウン症はこちらのサイトも参考になります。

鼻・背骨・心臓など 

鼻の骨がしっかりと形成されてこない状態は、
発育不全の可能性が浮上してきます。

超音波検査で心臓の壁が薄い、動きや形に異常があるかどうか、
胎児の首の後ろにこぶのようなものが見えるか、
見えないか、小脳が小さいかなどである程度、分かります。

脳と心臓に異常が発見されたらおろす方が殆どらしいです。

超音波検査で胎児の心臓に白い影(カルシウム蓄積)が見られ
ダウン症を示唆される事もありますが、これはダウン症に有る無しに、
関わらず存在し、アジア人の場合、他人種に比べて多く見られます。

ダウン症は、お腹のマッサージが効果的

ダウン症20代でなる確率

■中期までのエコーでは、

・足が短い
・小指の間接が一つ少ない
・親指と人差し指の間は広い
・鼻が幅広くて低い
・首が太い

 

・前のページ>>   ・次のページ<<