ダウン症の子供は、成人まで育てあげる為に、
お金が掛かると思われがちですが、実際は
健常児とそれほど違わないでしょう。

例えば、心臓病などの病気の治療は、健康保険があります、
リハビリや養育訓練などは、助成金が出ます。

むしろ健常児を進エリート階級に進めようと
学塾へ入れるなどして方が、お金はかかるでしょう。


スポンサードリンク




ダウン症の子供の学校は普通学級、支援学級、
養護学校がありますが、今は親の希望が一番に尊重されます。
昔は、指定された学校に通うしかありませんでした。

ただ、赤ちゃんの時の食事や歩行などの費用は、
成長が遅い為に、オムツやミルク期間が長い為お金が掛かります。

WS000002
ダウン症は、国からの補助金が貰えるかですが、合併症があるなし、
重度か軽度でだいぶ変わってきます。特別、重度ではない限り、
早期療育により、ある程度は自分のことは自分でできるようになるので、
介護や介助が必要な程の病気ではありません。

■こうした区分に分けられるのです。
療育手帳の区分は3段階あります。

A判定 重度知的障害
B判定 中度知的障害 月5000円
C判定 軽度知的障害 月2500円

A(重度)…IQ35以下
B(中度)…IQ36~50
C(軽度)…IQ51~75


その為、ダウン症でも補助金を貰っている人は少ないです。
その代わり介護が必要な場合は障害児福祉手当などがあります。


スポンサードリンク




ダウン症をはじめとする知的障がいを抱える場合、
一貫した指導や相談などを受けるられる様にする為には、
療育手帳が必要です。

療育手帳の申請には年齢制限がなく、
生後20日でも判定が可能です。

療育手帳を所持すると以下の優遇があります。

・特別児童扶養手当
・心身障害者扶養共済
・国税・地方税の減税など
・公共住宅への有せん獣医
・NHK受信料の割引
・旅客鉄道運賃の割引


特別児童扶養手当は、ダウン症の子であれば
申請すれば1歳から支給されます。
月に33000円前後支給されるので大きいです。

ダウン症の子供の医療費は?

一般の子どもも含めて、過半数の自治体では
中学生以下の入院費が無料ですので、入院に
ついては心配ないでしょう。

体はやはり健常児より弱い子が多く、抵抗力がないので
病気にかかりやすく悪化しやすいです。

疾患によっては症状の程度で医療費が助成
されるかどうかが決まります。

指定疾患の子供がいる世帯の自己負担額上限は
所得に応じて月額1250~1万5千円支給されます。

子供の医療費の全額を補助している自治体もあり、
実際の負担額は居住地によって異なります。

ダウン症の原因は食生活?

ダウン症の子供が大人になっても安心できる制度が
整っています。20歳になれば障害基礎年金(国民年金)
を受給できます。平均月額8~10万円貰えます。

療育手帳が重度の場合は、心身障害者医療費の助成で、
65歳まで医療費が無料または一部免除となります。

こうした支援制度がありますので、将来的な不安はありません。

 

・前のページ>>    ・次のページ<<