ダウン症の性格は、人なつっこくて、おだやかで、
明るい性格といわれる反面、頑固で我儘です。

しかし、頑固な行動をした際に、一瞬もっと興味
のあることに気を向けさせてやると、これまで頑固にしてい
た行動を忘れてしまう事があります。

環境の影響にも左右されやすく、子どもの良い面を伸ばせる
ように働きかけることが大切なのです。


スポンサードリンク




また、リズム感が優れていることが多く、性格も素直・温厚で
天使のようです。勉強が特別できるわけではないが、
時間をかけて練習したことは、粘り強くこなしています。

こうした、素晴らしい才能を持っているので活かせる
様に周囲は後押しする必要があります。
自尊心をきちんと持っていると思います。

WS000000

ダウン症の子供の性格を分析

■明るくて陽気、人との触れ合いが好き

ダウン症の子供は、根暗で人との関わりを閉ざしてしまう
と思われがちですが、全くそんな事はありません。

豊かな表情を持っており、けして近寄りにくい様な
オーラを出しておりません。保育園などの集団生活に
おいても、先生に近づいて抱きつくような動作をします。

■頑固で強情な面

一見すると、順風満帆な学校生活を送っていても
時より強固な意思を貫き通す場面があります。

どこかに座り込んでしまって、周囲がいくら説得しても
意固地に動かないなんて事もあります。

これは、ダウン症の子供は、ゆっくりと丁寧に物事を
学習しているので、一度身に着けた順序は、きっちり
守る癖があるみたいです。

自分の中で確立した方法や理論を、途中で変更されたり
する事に耐えられない特徴を持っています。

物事の筋を最後まで押し通そうとする頑固者です。
融通がきかない時もあるので、一定の理解が必要です。


スポンサードリンク




■切り替えが苦手

気持ちの切り替えが非常に苦手です。過去をいつまでも
引きづる癖を持っています。時間の流れに沿って、次なる
気分転換をできない傾向にあります。

何かも物事を始めてしまうと、終了の合図があっても、
熱中没頭してしまうタイプです。

周囲の目を気にせずに、ひたすら物事への取り組みに
集中が途切れる事はありません。

一度、集中してしまうと、その場から離れたくなくなるのです。
気持ちの整理がつかないまま終わりにしたくないのでしょう。

こういった場面において他人が無理に辞めさせようと
すると、全く動じてくれません。

気分の浮沈みが激しいのです。一度、落ち込んでしまうと
中々、起き上がるのは困難を極めます。

自閉症児は見通しを立てることが苦手です。
例えば長距離を歩くことは、見通しが利かずに困るのです。

すると、一つの場所で立ち止まって座り込んでしまいます。

そのため、なぜ歩くのか、どこまで歩くのか、歩いた後
どうなるのかの順序を詳しく説明してあげる必要があります。

そうする事で、理解を示して長距離でも歩けるようになります。

高齢出産のリスクとは?

■嫌なことは我慢

頑固な面を貫く精神は備わっているものの、実は他人に対して
思いやりのある性格の持ち主です。

その為、何か嫌な事があった時には、面と向かって主張せず
黙り込んでしまいます。それでも、やはりストレスは抱えます。

言いたいことを言わないのは、他人に対する気遣いがある、
つまり相手の感情を傷つけない様にする為の優しさです。

しかし、周囲は嫌なことをさせない様に徹底させていかなければ
なりません。もし、嫌だとしても本人は絶対に言い返す事はないからです。

ストレスを与えない為には、予防して行くしかないのです。
しかも、表面の感情だけで本当の心の状態が分からないのです。
表情と感情の部分がリンクしていないのでつかみにくいです。
笑顔でニコニコしていても、実は辛かったりするものですから。

 

・前のページ>>   ・次のページ<<