バレーボール日本代表の新監督に決まった中垣内祐一氏が、
東京五輪に向けて出発いたしました。

バレーボール人生の最後、東京五輪の監督として戦い
、いい色のメダルを目指すと抱負を語っていました。

是非とも実現してほしいですね。

そんな「中垣内祐一」監督を検索するとなぜかダウン症というキーワードが出てきます。

確定的な根拠はなく恐らくは見た目だけで判断し、
ダウン症の方のような表情に見えたという事でしょう。


スポンサードリンク




■離婚、再婚とは?


奥様であるさおりさんと結婚したのは、1993年です。
さおりさんは、2歳年下で、現在2人の娘がいます。

そんな二児の父である中垣内祐一氏の不倫が、
2012年7月に週刊誌女性自身にスクープされたのです。

週刊誌女性自身では、大阪府堺市の駐車場で待ち合わせた
神田うのに似た若い美人と不倫をしていたみたいです。

それでも離婚はしませんでした。離婚もしていないので
当然ながら再婚もしていません。



■ダウン症の顔立ち

目が離れている


ダウン症はほとんどの人が例外なく目が離れています。

赤ちゃんの頃は離れていなくても、
成長にしたがって離れていく子多いようです。

それにより赤ちゃんの頃に気づかないケースもあります。


顔が平べったい


生まれたばかりの頃はほとんどわかりません。

しかし成長していくごとに、顔が平べったくハッキリしていきます。

原因は顔の成長スピードにあると言われています。
ダウン症者は、顔の中心部分の発育が遅く、周りは通常通り大きくなっていくので、
全体的に引っ張られています。

目が吊り上がっている


ダウン症の人は目じりが吊り上がります。

これは生まてまもない頃からの特徴です。

顔の成長スピードの影響で大人になる頃には
しっかり目じりが上がる子が多いです。


スポンサードリンク




二重まぶた


乳幼児期からすでにはっきりした二重まぶたです。

■ダウン症の身体的な特徴


筋力が弱い(体がやわらかい)
体重がなかなか増えない
舌がうまく使えないため、おっぱいが上手に飲めない、食事が上手に食べられない
知的障害
肌が乾燥しがち
便秘になりやすい
心臓やその他内臓の異常
糖尿病や白血病を発症しやすい



■ダウン症の顔立ちが似る理由

ダウン症の人が独特の顔つきになる理由は、顔の中心の成長が
ゆっくりなのに対して他が普通に成長する為です。

鼻は低く目が釣った平らな顔になります。

常染色体の21番上にある遺伝情報に顔立ちを決定している物があり、
この染色体が3本あると、ダウン症特有の顔立ちの扁平で幅広い顔、
斜傾した眼瞼裂、鎌状皮膚皺襞のある眼内角部、斑点状の虹彩と
皺のよった下唇などになる仕組みがあるのではないでしょうか。

■軽度のダウン症の顔立ちは?

ダウン症の人の中には、一見顔を見ただけではダウン症だと分からな人もいます。

それは軽度のダウン症である場合です。

軽度のダウン症は、合併症の危険性や知的障害の程度が軽いだけでなく、
顔などの外見的な特徴も現れにくいです。

こうした軽度のダウン症の人達は、一般社会で働いている人も多く、
女性の場合ではお化粧などをすることによって、
顔の特徴は全く分からなくなります。

ダウン症は軽度であると、ダウン症かどうか見分けがつきにくく
社会の中に溶け込みやすいです。

本人もダウン症であることを告白することはないでしょうから、
軽度のダウン症の方を発見するのは極めて難しいことでしょう。