高齢出産の場合、初産と2人目3人目のダウン症の
子供が生まれる確率に差があるかと言いますと、
その差は同じ様です。

ダウン症児が生まれる主な理由

・精子または卵子ができるときの分裂異常
・受精卵の発育初期の分裂異常



スポンサードリンク




基本的には、この2つの方が要因です。

初産ではなく、2人目3人目の経産婦だから
問題無いと言うのは間違いなのです。

確かに経産婦の方が、母体の身体的な負担が
多少、初産に比べて楽である面はあるでしょう。

しかし、胎児の染色体異常に関してのリスクは
初産であっても経産婦であっても同じなのです。

卵子の老化と年齢は、初産も経産婦も変わらないのが
確立が一緒の理由です。

何人産んでも、卵子そのものの年齢は変える
事ができないのです。

女性の卵子は、生まれた時、500個くらいを全て
生産し月経が始まるまで、卵巣にためている状態です。

月経が始まれば、定期的に卵子を1つ、1つ
と排出していくので20代の時の卵子と、
40代のときの卵子は、誕生が同じなのです。

卵子はママの年齢と共に年齢を重ねて、
卵子の損傷は、年々激しくなります。

それよりも、年齢的な理由の方が圧倒的に大きいです。

医学上、35歳以上の女性が子供を産む事を
高齢出産と言うくらいですから、リスク自体は、
30歳を超えた辺りから徐々に高まるのでしょう。

一応線引きで35歳以上を高齢と位置付けている
だけで、34歳なら大丈夫ってものでもないです。

■高齢出産の年齢は、初産と経産婦で違いは?

日本産科婦人科学会では、35歳以上の
初産婦を高年初産婦と定義しています。

世界産婦人科連合(FIGO)は、高齢出産は、
初産婦では35歳以上、経産婦では40歳以上と
定義しています。


スポンサードリンク




初産婦の場合は35歳から、そして経産婦の場合は40歳
からが高齢出産になります。

なぜ、出産経験があるか、ないかで5歳も違いが
出てくるのかと言いますと、

一度出産を経験している女性は、子宮や産道が
柔らかくなります。

その為、子宮口が開きやすくなるので、出産に
費やす時間が初産婦と比較して短くなるのです。

出産に要する時間が長いと、体力が奪われ、母体
への負担がかかります。

初産は、経産婦と比較しても子宮や産道が固いので、
赤ちゃんがなかなか下におりてこず、予定日を超過したり
難産になる確率が増えるのです。

経産婦は初産婦に比べて母体の健康に対する
リスクは低いものの、生まれてくる子供の
健康に関するリスクは同様です。

■高齢出産は安全なのか?

現在の医学の発達と医療技術面でのサポート
体制の進歩から、高齢出産の安全性は高まっています。

高齢初産婦に起こりがちな合併症や
妊娠中毒症の早急に認知、管理で、
昔のように母子が危険にさらされる事はありません。

排卵がある限り、女性は妊娠は可能です。

参照:ダウン症予防サプリ
日本でも卵子を提供してもらって60代で
出産した事例があります。

産み方は帝王切開ならいくつでも可能です。

 ・前のページへ