妊娠中期になってくると、赤ちゃんの胎動を
感じることできます。

「赤ちゃんが動いた!」すごくうれしいですよね。

初めの頃は、回数が少なかった胎動も
徐々に回数を増してきます。


スポンサードリンク




胎動を感じることは不規則なのですが、
中には規則的に赤ちゃんが動いているのを
感じることがあるようです。

リズムを刻んだように規則的に感じる動きは、
赤ちゃんの身に何か起きているのでは?
と心配になるかもしれません。

これ、実は赤ちゃんの「しゃっくり」なんです。

赤ちゃんもしゃっくりするの?と、
驚いた方も多いのではないでしょうか。

●赤ちゃんのしゃっくりの原因とは?!

しゃっくりは、一般的に横隔膜が
けいれんすることで起きているようです。

肺の中に異物を取り込まないように、
赤ちゃんが起こす自然な現象のようですが、
この原因については、実際のところ解明されていないようです。

赤ちゃんの呼吸や心拍数は胎児の場合、
通常の大人の早さよりも早いのです。

そのため、しゃっくりも早い。

規則的な胎動であるしゃっくりは、
気になってしまうお母さんは多いかもしれませんね。

●しゃっくりを感じることができる時期は?

だいたい20週目ぐらいから感じるお母さんがいるようです。

しかし、個人差があって、全く感じることがなかったという
お母さんもいるようです。

しゃっくりを感じることがなくても、何も問題がないから大丈夫。
安心してください。


スポンサードリンク



●しゃっくりが長い?大丈夫?

規則的な胎動がしゃっくりであるかもしれないと分かっても、
中には1時間近くもしゃっくりをしていたら、気になりますよね?

また、頻繁過ぎて、赤ちゃんに異常があるのでは?
なんてつい気になります。

目に見えない赤ちゃんだから、
動きで感じるしかないのですが、

24時間お腹の中で赤ちゃんの動きを感じることが
できるお母さんにとっては、心配の一つでしょう。

しかし、とくに問題はありません。

横隔膜を動かすことで、呼吸の練習もしているので、
自然な行動と言えそうです。

赤ちゃんは、お母さんのお腹で一生懸命生きているので、
お母さんは心配しないで優しく守ってあげてくださいね。

●しゃっくりを感じる位置が移動している?

しゃっくりが頻繁に感じられるお母さんは、
昨日としゃっくりの位置が違うと焦るかもしれません。

また、逆子を心配する場合も少なくありません。

これは、しゃっくりに伴って、体全体を動かして
いるためと言えます。

赤ちゃんは胎内で動き回っています。

羊水の中で生きていますし、その中で手を動かし、
足を動かして毎日活動しています。

通常の胎動の際は、不規則に動く手足も、
しゃっくりに伴って一緒にあちこち不規則に
動くこともあるのです。

ですから、一概に「位置が違うから逆子?」
を心配しなくてもいいのです。

参照:ダウン症予防サプリ
しかし、あまり神経質になるとそれがストレスになって、

胎児に悪影響を及ぼすため、もし
「しゃっくりの位置が違うから逆子?」
気になる場合は病院でエコー検査で
しっかりと検査してもらうことをお勧めします。

・前のページ>>           ・次のページ<<