冬になると心配なのが「インフルエンザ」です。

成人した私達でさえ相当ツラいあの症状。
もしかわいい赤ちゃんに感染したらどうしよう・・・。

インフルエンザが流行する季節は
お母さん達の心配も大きいでしょう。


スポンサードリンク




では、新生児のインフルエンザの症状と
治療はどうなのでしょうか?

前もって知識を身に着けておくことで
大事な赤ちゃんを守りましょう。

●新生児がインフルエンザになったらどんな症状になるの?

大人だったら「熱っぽい」「関節痛がする」
話すことができますよね。

でも言葉を話せない赤ちゃん。

まずは、いつもと違う様子がないか、
いつも一緒にいるお母さんが常に
気を配っていくことが必要です。

ではインフルエンザの時の主な症状とは?

①なかなか泣き止まない

体が辛い赤ちゃんは泣いて訴えるしかありません。

機嫌が悪くてぐずり続けたり、
なかなか泣き止まない場合はインフルエンザを疑ってみて。

②突然高熱が出る

高熱が出ると、触ると気付きますね。

赤ちゃんは平熱が高いものの、
もし38度以上の熱が急に上がったら
インフルエンザの可能性があるかもしれません。

③ミルクを飲まなくなる

いつもはミルクをきちんと飲むのに、
今日はなかなか飲んでくれない・・・、

そんな赤ちゃんの食欲がなくなった時は要注意。
赤ちゃんのインフルエンザは「この症状!」
いう確実なことは言えませんし、
なかなか見分けが難しいです。


スポンサードリンク




「でもいつもと違う」「なんだか様子がおかしい」というお母さんの
勘がはたらいたら、すぐに病院を受診しましょう。

インフルエンザに感染して症状が現れた場合に
重症化しやすいのが、乳幼児と高齢者と言われています。

合併症を引き起こすと、命に関わるなんていう可能性もあるので、
まずは医師の診断が大切です。

●インフルエンザの治療方法は?

もしインフルエンザにかかってしまったら、
まずは医師のアドバイスに従いましょう。

そして家庭でできるケアとしては、
どんなことがあるのでしょうか?

まずは水分をしっかり与えること。

熱が出たり、インフルエンザの諸症状で
下痢や嘔吐が続く場合に最も怖いのが「脱水症状」です。

また水分を与えないことによって、
乾いた咳が続くと喉の痛みも悪化します。

まずは水分補給をしっかりとしてください。

また、乾燥し過ぎの室内には気を付けて下さい。

乾燥が激しいと、ますます喉が痛みます。

加湿器を使うといいですが、もしない場合は
代用品として、濡れタオルを部屋に干しましょう。

これだけでも加湿に繋がって効果的です。

●予防接種は受けることができるの?

生後1年未満の赤ちゃんは、予防接種をしても
免疫をつけることが困難とされています。

そのため、1歳未満の赤ちゃんには
予防接種を勧めていない病院が多いそうです。

また、母親からの免疫が残ってる可能性があるという説もあります。

参照:ダウン症予防サプリ

新生児の場合は、感染経路が家族の場合がほとんど。

予防接種は家族が受けてインフルエンザを予防し、
赤ちゃんに移さないようにすることが大切のようです。

・前のページ>>            ・次のページ<<